金利優遇の仕組みにだまされるな

多くの人が利用している短期固定金利口ーンと変動金利口ーンは、返済途中で金利が見直されるため、金利が上昇すれば返済額が大きく増える可能性があります。「景気も悪いから、金利が上がる心配はないんじゃない?」と思う人も少なくないでしょう。しかし実際には、返済中のロlンの金利が上がってしまうケ1スが少なくありません。多くの金融機関では住宅ロlンの金利から一定の幅で金利を割り引く「金利優遇」を行なっており、ここ数年の聞にロlンを組んだ人のほとんどが、その恩恵を受けています。もともとの基準金利は2・お%。ここから1・お%が「金利優遇」され、実際に適用される金利が1%になっているのです。この図の仕組みをしっかり押さえておきましょう。

 

基準金利が上がらなくても返済額が増える

 

3年前に3000万円を3年固定、お年返済で借り入れた場合の例です。当初3年間の金利は1%ですが、これは「金利優遇」を受けたことによる金利です。金利優遇には、①当初期間(3年固定なら3年間)大幅に金利を優遇し、それ以降は優遇幅が縮小されるタイプと、②全期間二疋幅で優遇されるタイプがあります。①は当初期間終了後0・4%10・5%程度の割引に縮小されるのが一般的です(金融機関により異なる)。つまり、大きく割引されるのは最初の3年間だけ(2年固定なら2年間、5年固定なら5年間など、当初の固定金利期間だけ)なのです。①のタイプで、当初3年間は1・お%の割引でしたが、その後の優遇幅は0・4%に縮小されます。すると、仮に基準金利が上がらなくても、優遇幅が小さくなる分、適用金利は高くなってしまいます。この例では基準金利が2・お%でした。これがそのまま変わらなくても、「基準金利2・お%ー金利優遇0・4%」で、適用金利は1・部%に上がります。金利が上がれば当然、返済額もアップし9万6049円になり、毎月1万1000円以上も負担が増えてしまいます。3年固定では、当初の3年間を過ぎると、再度、金利タイプを選ぶことができますし、変動金利ローンは、原則的に随時、金利タイプの変更が可能です。しかし2年固定を選んでも、3年固定を選んでも、返済額のアップは避けられません。

金利優遇の仕組みにだまされるな はコメントを受け付けていません。

Posted in 見直し