失敗したローンも見直しできる

Aさん、Bさん、Cさんの住宅ローンの見直しについて、あなたはどう思いましたか?多くの人は、マイホームを購入する際、少しでも返済額が少ないほうがいいと考えて、目の前の金利が低いロlンを選ぴがちです。しかしそのようなローンには、爆発すれば返済額大幅アップという地雷が隠されています。時代遅れローンを借りて、返済額のアップが目前に追っている人もいるでしょう。すでに返済額が大幅に増えてしまい、不安を抱えなら返済を続けているという人もいるかも知れません。堅実に長期固定型のロlンを選んだとしても、返済期聞を最長のお年で組んでいれば、老後圧迫型ローンになっている可能性があります。でも大丈夫。適切な見直しを行なえば、安心して返せる口lンに変身させるととができます。不況の今、家計の見直しを進めている人も少なくないと思いますが、家計の見置しというと、外食費を削ったり、お小遣いを減らしたりといった内容に終始するととが少なくありません。それも大切ですが、それ以上に考えていただきたいのが、住宅ロlンの見直しです。住宅ロlンを組む際には、収入がダウンしても返済がきっくならないように、どうしても金利の低いロlンに流されたり、返済期間を最長にして、毎月返済額を抑えることを優先させがちです。しかし金利の低いロIンほど、金利上昇時の負担増が大きくなります。返済期間が長いほど当面の返済額はスリムに見えますが、利息が膨らんだ隠れメタボのような状態になります。地雷を抱えているならそれが爆発する前に、隠れメタボになっているなら合併症を引き起こす前に、地雷を撤去するための、メタボを解消するための、ローンの見直しが必要なのです。マイホームは多くの人にとって人生最大の買い物であり、住宅ロlンは人生最大の借金です。初年前後にわたって返し続けていくのですから、ローンを組む際には長期的なことも想定してじっくり検討する必要があります。とはいえ、マイホームを買う際には考えることがたくさんあり、ローンについては返済額にしか頭が回らなかった、という人が少なくありません。その結果、地雷を抱えてしまったり、老後に不安を残すロlンになってしまうのです。不況によって金利は低水準が続いており、「今のままでも大丈夫なのでは?」「焦って見直す必要はないのでは?」と考えがちですが、それは大きな間違いです。金利が低い今なら、安心感のある叩年固定などを選択するとともできますし、低い金利への借り換えもできます。しかし金利が上がってからでは、安心感より目先の金利が低いタイプを選ばざるを得なかったり、借り換えをしても金利が高くなってしまいます。金利が低い今だからこそ有利な見直しができるのであり、金利が上昇してからでは遅いのです。

失敗したローンも見直しできる はコメントを受け付けていません。

Posted in ケース