老後に不安を残す老後圧迫型ロlン/Cさんの場合

お歳のCさんは、3000万円をお年返済で借りました。金利は完済まで変わらない長期固定型で、3%。毎月返済額は約日万5000円です。長期固定型でこの先も金利は上がらないのですから、返済額が増える心配はなし。返済額アップという地雷は埋まっていません。でも:::。お歳のCさんがお年返済で借りたのですから、ローンを返し終えるのは初歳のとき。ω歳でリタイアするとしたら、その時点で約1200万円ものロlンが残ってしまいます。Cさんの世代では、年金が支給されるのは臼歳から。ω歳から臼歳までは年金がゼロです。雇用延長や再雇用などでω歳以降も頑張って仕事を続けるとしても、収入ダウンは避けられません。そんな状況でω歳以降も返済を続けるのは、かなり大変そうです。団塊以上の世代では、退職金でロlンの残りを一括完済するというパターンも少なくありませんでしたが、Cさんの年金の支給が臼歳からであることや、支給額が減る可能性を考えると、退職金の多くがロlン返済に消えていくのは避けたいところ。このロlンは、地雷こそ抱えていないものの、老後に支障をきたす「老後圧迫型ロlン」といえますね。そんなC古んに適した見置し法は、「繰り上げ返済」です。繰り上げ返済とは、先々の返済分を前倒しして返してしまうとと。ローンの返済期聞を短くする「返済期間短縮型」という繰り上げ返済をすれば、返漬期聞が短縮され、完済時期を早めるととができます。また投入した資金はすべて元金に充てられるため、支払うはずだった利息を支払わなくて済む、という利息軽減効果もあります。Cさん宅では、専業主婦の奥さんがパ1トを始めて世帯収入を増やし、3年に1回のベIスで、100万円ずつ繰り上げ返済するプランを立ててみました。すると、返済期間は約叩年短縮でき、M年数カ月で完済できます。見直しをしなければ、ω歳で約1200万円のロlンが残るはずでしたが、この見直しプランによって、ω歳ですべて返し終えることができます。おまけに繰り上げ返済によって利息がカットされるので、総返済額はお年返済の場合に比べて約700万円も減らすことができるのです。年間約お万円なら、奥さんのパlト収入でなんとか捻出できそうですね。老後資金の心配をする人が少なくありませんが、住宅ロlンをω歳までに終わらせることも、大事な老後対策です。しかし私が相談を受けた方のうち、9割以上の方はω歳時点のロlン残高を把握していませんでした。すぐにロ1ンを見直して、「老後圧迫型ロlン」とはサヨナラしましょう。

老後に不安を残す老後圧迫型ロlン/Cさんの場合 はコメントを受け付けていません。

Posted in ケース